効率の良い勉強の仕方を身につけよう

効率の良い勉強の仕方を身につけよう

「学校の授業を受けても、家に帰ると学んだ内容がすでに薄れてしまっている。けれど家で復習する習慣も身についていない」、「たくさん出る宿題をただこなすだけで、本当に身についているのかわからない」こんな悩みをもつお子様は多いのではないでしょうか。
お子様達に共通するのが、「勉強の仕方が分からない」という悩みです。

今回は、集中力を持たせながら効率の良い「勉強の仕方」を身につけるための方法をご紹介します。

1時間勉強をして、5分反芻する

人間は忘れる生き物だとよく言われますよね。
心理学者ヘルマン・エビングハウスが導いた曲線である「エビングハウスの忘却曲線」によると、人は20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後には74%を忘却すると言われています。そのため、きちんと復習をしなければ、せっかく学んだことも時間とともにほとんど忘れてしまいます。
そのため時間をあけて継続的に復習を重ね、記憶を脳へしっかりと定着させてあげなければなりません。
例えば1時間勉強をしたら、5分間学んだことを復習する。1日後には全体をまとめて復習をする、といったように記憶が忘れられるタイミングを押さえて復習をすると良いでしょう。
一度勉強をしてそのままにするのではなく、きちんと記憶を定着させるためにも定期的に復習をするようにしましょう。

インプットとアウトプットを使い分ける

どんなに教科書を見て覚えても、アウトプットして実際に使ってみなければなかなか自分のものにすることはできません。
よく試験が終わった後に、「あの問題を見たことはあるのに、解き方が分からなかった」という経験はありませんか? インプットはしているのに、きちんとアウトプットをできていないために、自分の知識として身に付けることができず、このようなことが起こってしまうのです。
頭に知識を入れたら、その知識を使いこなせるまで問題を演習してアウトプットを重ねていきましょう。

学生家庭教師会では、実践で使える知識の定着を目的として、「繰り返し学習」を行っています。 ただし、単純作業のように繰り返し学習をするのではなく、解くたびにどんどん理解が深まるような指導を行っており、お子様が飽きてしまうことが無いよう指導をしております。

ゲームのように楽しみながら勉強する

一人で計算をしたり暗記をしていても、どうしても集中力が持たない、身が入らないという場合もあるかと思います。その場合はゲームのようにして勉強するのがおすすめです。
例えば、九九の問題を友達と出し合ってどれだけ早く言えるか競い合ったり、お互いに問題を出しあったり。他にも、一人で勉強をする場合には単語を語呂合わせで覚えたり、音楽や歌に合わせて勉強する方法もあります。

単語を覚える時に、目だけを使って視覚から覚えるお子様は多いかと思います。実は視覚だけでなく、耳も使う勉強の仕方がおすすめです。
視覚にプラスして声を出したりCDを聞いたりして、聴覚も使って覚えることで複数の感覚を使うためより効果的に覚えることができます。
普段と違う勉強の仕方を試すことで、新鮮な気持ちで勉強に臨むことができ、やる気に繋がることもあります。

自分に合った勉強の仕方を身につけることで、短時間で集中して勉強に取り組むことができます。様々な勉強の仕方を試してみてくださいね。