中学生の家庭教師コース

高校受験をイメージした指導

家庭学習の習慣化は家庭教師ならではの効果

中学生コースでは高校受験をイメージした指導を行います。
個人差はありますが中学1年生から2年生になると苦手科目や苦手分野などがはっきり現れ定期テストの点数も出来る子、出来ない子の差が出てきます。

また、部活動の盛んな学校では勉強と部活動の両立に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?
小学校と違い授業の進み方も早く解らない所をそのままにして置くと後から取り返しの付かない事になります。そうならない為にも大切なことは家でどれだけ質の高い勉強をするかです。

中学生になると学習塾に通いだす生徒も多くなりますがほとんどの場合、「塾に行っているから大丈夫だろう」と言う安心感から家での勉強をおろそかにしてしまいがちです。同じ塾に行っているのに成績が伸びること伸びない子の差は頭の良し悪しではなく家でどれだけ質の高い勉強をしたかです。「塾に行っているから大丈夫」ではなく家庭学習の習慣が本当に大切なのです。

また、この時期の生徒は親の言うことをなかなか素直に受け入れてくれませんが年齢が近いお兄さん、お姉さんだと比較的素直に受け入れてくれるのです。親の口から言うよりも第三者から言われたほうが良い場合もあるのです。

家庭教師 - 中学生コース

1人ひとりにあわせたカリキュラム

1人ひとりにあわせたカリキュラム

学生家庭教師会では勉強の習慣付けから家での勉強のやり方まで1人ひとりにあわせたカリキュラムをくみ丁寧に指導を行います。
先生の来た日だけ勉強するのではなく先生の来ない日に何をどのように勉強するか無理なく楽しく出来るよう適切なアドバイスを行うのです。

3年生になってから頑張ればいいだろうと考えていては受験に勝つことは出来ません。
地域によって違いますが中学1年の時からの内申点が高校選びのときに大きく影響して来るのです。
高校受験を控えた中学3年間は本当にあっという間に過ぎていきます。「あの時もっとやっておけばよかった」と後悔しないよう早めの受験対策が必要になってきます。
早いうちから受験を見据えた勉強をする事で3年生になったときに高校選びの選択肢も増えその先の大学、社会人へと明るい未来が待っているのです。

学生家庭教師会 - 中学生の家庭教師コース

学生家庭教師会の中学生の家庭教師コースには「教科書徹底理解コース」「基礎学力養成コース」「苦手科目克服コース」「高校受験コース」「高校受験対策コース」など目的に応じて選べる多彩なコースがあります。

教科書徹底理解コース
学校の授業の理解を深めることを目的としたコース。
基礎学力養成コース
土台となる基礎学力を身につけるコース。
苦手科目克服コース
苦手科目だけに絞った学習で、基礎から指導するコース。
高校受験コース
生徒一人ひとりの特性を把握した上で、5教科の総合得点力を引き上げる指導をするコース。
高校受験対策コース
高校入試で必要とされる内申点と学力。その両者を引き上げることを目的としたコース。