発達障害サポートコース

発達障害サポートとは

生まれつきの特性である発達障害。だからこそ、寄り添ってサポートが受けられる環境が必要です

発達障害とは、生まれつきに持っている脳の特性のことで、

「注意欠陥多動性障害(ADHD)」

「自閉症スペクトラム(ASD)」

「学習障害(LD)」

のように種類が分類されており、このような発達特性のあるお子さまは、子ども全体の約6%、1クラスに1人~2人の割合で存在するといわれています。

生まれつき脳の働き方が通常と異なり、幼い頃から症状が現れてくる傾向があるため、早い段階で一人ひとりのお子さまに合わせた、サポートや支援が極めて大切となっています。

発達障害サポートの特長1 生徒さん1人ひとりの特性に合わせた指導を受けられる

発達障害サポートイメージ画像1

学生家庭教師会の「発達障害サポート」は、発達障害の特性のある(もしくはグレーゾーンである)お子さまの長所や良いところに着目し、発達特性を見極めて、お子さま1人1人のご事情に合わせた指導を受けることができます。

〇コミュニケーションがうまく取れない

〇落ち着きがない

〇興味・関心のかたよりやこだわりが強い

〇思ったことをそのまま発言してしまい、相手を傷つけてしまう

〇場の空気を読めず、自己中心的と捉えられてしまう

〇言葉の発達に遅れがある

etc・・・

上記のようなケースでも、柔軟かつ親身にサポートを受けられるのが、学生家庭教師会の発達障害サポートです。

発達障害サポートの特長2 発達障害学習支援サポーター資格を取得しています!

発達障害学習支援サポーター資格

多くの発達障害のお子さまをご支援させていただくため、一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会が認定する発達障害学習支援サポーター資格制度の最高難易度資格である「発達障害学習支援エキスパートサポーター」を代表自らが取得しており、発達障害のお子さまのサポート能力の向上に努めております。

発達障害に対して、正しい知識を身につけた講師を派遣することで、お子さまに特化した適切な指導を受けることができます。

もちろん、ただ資格を取得しているだけではなく、発達障害のあるお子さまのことを理解し、

「困っているところ」

「努力しているところ」

「よいところ」

など、お子さまのことを一面的に捉えるのではなく、お子さまの成長に繋がる暖かみのあるサポートを受けることができます。