みんなの疑問、勉強はなんのためにするのか?

みんなの疑問、勉強はなんのためにするのか?

「勉強はなんのためにするのか?」という疑問は、誰でも一度は抱いたことがあるのではないでしょうか?お子様からこのような質問をされた時には、丁寧に答えてあげることが大切です。
勉強をすると、どんな良いことがあるのかを理解させてあげることで、お子様のやる気を引き出すことができます。

例えば、お子様が勉強をしないからといって、頭ごなしに叱ってしまうのは避けましょう。怒られることを理由に勉強をさせても、お子様自身のやる気は下がってしまいますし、自発的な勉強も促せません。

お子様に「勉強をする理由」を持たせてあげることで、お子様は前向きに勉強に取り組むことができます。ここでは、「勉強はなんのためにするのか?」という疑問にお答えします。

「分からない」ことが「分かる」に変わる喜び

「勉強はなんのためにするのでしょうか?」
それは、知らないことを知るため、分からないことを理解するためです。そして、疑問に思っていたことが分かるようになった時に、人は喜びを感じることができます。
勉強をする目的ばかりにとらわれるのではなく、まずは勉強をすることそのものの楽しさを、お子様にも教えてあげることが重要です。

お子様が日常的に興味を持っているものに注目し、それに関する質問を投げかけてみましょう。
例えば、空を飛ぶ飛行機を眺めるのが好きなお子様であれば、「なんで飛行機は飛んでいるんだと思う?」と聞いてみるのです。そして、その疑問に対する答えを、お子様と一緒に考えたり調べたりしながら解決していきます。
このように学ぶことのきっかけを与えることで、勉強への関心が高まっていきます。「分からない」ことが「分かる」に変わる喜びを、お子様にも教えてあげましょう。勉強の楽しさを教えてあげることで、勉強に対してネガティブなイメージを持っていたとしたら、取り払うことができます。

将来をより充実したものにする

「良い会社に入るために、良い大学に行きなさい」「良い大学に行くために、勉強をしなさい」

これらは、「なんのために勉強をするのか?」という問いに対する、代表的な答えのうちのひとつです。自分が子供の頃に、大人に言われた経験があるという方も多いでしょう。
上記の言葉を自分が子供の頃に言われた時、どのように感じたか覚えていますか?良い大学や良い会社の、具体的なイメージができなくて、戸惑いませんでしたか?

親御さんは、本当にお子様のことを想って勉強をするよう言っているのに、それがお子様に上手に伝わっていないというケースは少なくありません。

一番大切なのは、お子様が自分自身のために勉強をする理由を見つけること。
例えば、受験生のお子様であれば学校見学に行くことをおすすめします。
素敵な校舎で活き活きと過ごす先輩達を目の前にすれば、お子様自身も、同じように楽しく学生生活を送りたいという、憧れの気持ちが芽生えることもあります。
心から行きたいと思える学校に出会うことができれば、お子様は自ら、勉強をしなければならないと考えることができるでしょう。

親御さんであれば誰しも、お子様の将来をより充実したものにしてあげたいと願っています。しかし、お子様のことを心配に想うあまり、一方的に勉強の必要性を訴えていませんか?
勉強の必要性は、お子様自身に気づかせてあげることが大切です。親御さんは、お子様にそのきっかけを作ってあげるよう、全力でサポートしてあげましょう。

学生家庭教師会では、お子様と一緒に考えて勉強を進めていくように心がけていますので、ご安心いただければと思います。