家庭教師で小学生のうちに中学英語を先取りしよう!

中学英語イメージ画像

家庭教師で小学生のうちに中学英語を先取りしよう!

小学生のお子さまをお持ちの保護者の方で、中学英語を先取り学習させたいとお考えの方は多いかと思います。近年、英語は小学校でも必修となり、ますます英語学習への関心は高まっています。
でもどうやって勉強させればいいか分からないという方へ、家庭教師ならではの中学英語先取り学習法を塾との比較も交えてご紹介します。

小学生のうちに中学英語の先取り学習をおすすめする理由

まずはじめに、なぜ小学生のうちに中学英語を先取り学習したほうが良いのか、その理由について3つお伝えします。

中学から英語学習は本格化する

「小学校でも英語の授業はやっているみたいだし、焦って先取り学習する必要はあるの?」という疑問も浮かぶことでしょう。しかし実は、小学校で行っている英語の授業は、中学校で行う英語授業の前倒しではありません。
小学校での英語の授業は、英語を使ったゲーム遊びや、英語を使った簡単な会話でのコミュニケーションなど、遊び感覚で授業を楽しみながら英語に慣れ親しむものなのです。
そして、中学校に上がったとたん、英語学習は本格化します。そのため、小学校での英語学習で行わない、「文法」でつまずいてしまうお子さまが多くなります。
中学校の英語学習でいいスタートをきるためにも、小学生のうちに中学英語の先取り学習をされることをおすすめします。

お子さまの学校生活での不安を少しでも取り除いてあげることにつながる

「他の教科はともかく、英語に関しては中学校に上がってからのスタートラインがみんな一緒・・・」とお考えの保護者の方、同じといっても良いかもしれませんが、中学校に上がったお子さまは、小学校のときとは違う、初めてづくしのことばかりです。新しい環境や友達、部活やテストなど不安なことも多いのではないでしょうか。
そのようななかで、本格的に学習がはじまる英語について先取り学習を行うことは、お子さまの不安を少しでも取り除いてあげることにつながるでしょう。
また、英語学習への自信をつけてあげることにもなるでしょう。

将来の受験でも英語は重要な教科

近年、英語学習への関心は高まり、中学受験、高校受験、大学受験など、お子さまの将来の受験においても英語は重要な教科となっています。
中学受験では英語入試の導入、高校受験では、英検取得による優遇措置、大学受験ではTEAP入試などの導入を行う学校が増えています。お子さまの将来の受験のためにも、中学英語の先取り学習をおすすめします。

では、実際に中学英語の先取り学習は、どのような内容を行うのが良いのでしょうか。

家庭教師の中学英語の先取り学習内容とは?

ここまで、小学生のうちに中学英語の先取り学習をおすすめする理由について紹介してきましたが、中学英語の先取り学習は一体どんなことをさせたらいいのか分からないという方へ、中学英語の先取り学習の内容について家庭教師ならではの視点から詳しくお伝えします。

① 最初はアルファベットから

まずは、何も見ずにお子さまがアルファベットをA~Zまで書くことができるかやってみましょう。英語教室に通っているお子さまなら書くことができるかもしれませんが、意外と全部は書けないお子さまも多いものです。
bとdを逆に書いてしまったり、大文字小文字を正しい大きさで書けなかったり、家庭教師なら、お子さまとのマンツーマン指導で細かいところまで丁寧に指導させていただくことができます。

② 会話表現を覚えて英語を勉強する楽しさを

アルファベットの読み書きができるようになったら、簡単な自己紹介や挨拶などの会話表現を勉強して、英語を勉強する楽しさを感じていきます。
家庭教師なら、先生とマンツーマンで会話をすることができますし、会話の内容について分からないところがあればすぐに質問することができます。

③ 中1の2学期を見据えた文法学習

中学英語の文法学習は、中1の2学期あたりから急速に難しくなっていきます。家庭教師なら、自分1人では難しい英語の文法学習もマンツーマン指導で先取りが可能です。
英文を書く際のルールやbe動詞、一般動詞など、中学校で英語の文法学習が本格化する前に始めることをおすすめします。

ここまで、中学英語の先取り学習内容について3つみてきましたが、中学英語の先取り学習は、とにかく中学入学前に英語について楽しく、興味がもてるように勉強を進めることが大切です。
お子さまが英語嫌いにならないように勉強するには、家庭教師と塾、どちらがよいのでしょうか。
両者を比較していきましょう。

中学英語の先取り学習 家庭教師と塾を比較!

理解度に合わせた指導をしてもらえるかどうか


家庭教師の場合

家庭教師の場合は、マンツーマン指導なので、授業の内容が分からなければその場で分からないと言うことができます。
そのため、お子さまの理解度に合わせた指導をしてもらうことができます。

塾の場合

塾の場合は、1人の先生が複数の生徒に対して授業を行います。そのため、分からないところがあっても質問することが難しい場合が多いでしょう。

勉強のやり方を教えてもらえるかどうか


家庭教師の場合

家庭教師なら、ただ問題を解くだけ、暗記をするだけではなく、マンツーマンで勉強のやり方から教えてもらうことができます。
勉強のやり方が身につくと、自分で勉強を進めやすくなります。

塾の場合

集団授業のため、勉強のやり方まで教えてもらうことは難しい傾向にあります。

1人ひとりに合わせた学習カリキュラムがあるかどうか


家庭教師の場合

お子さまの性格や成績状況、理解力などに合わせて1人ひとりに合わせた学習カリキュラムを作成してもらうことができます。

塾の場合

一斉に同じ学習カリキュラムのもと授業が進んでいく場合がほとんどです。

楽しく先取り学習ができるかどうか


家庭教師の場合

お子さまの性格や学力に合う先生を紹介させていただくことができます。
歳の近い大学生の先生も在籍している場合が多いため、お兄さんやお姉さんに指導してもらうような感覚で先取り学習を楽しんでいる生徒さんも多くいらっしゃいます。

塾の場合

先生を選ぶことはできませんが、仲間と切磋琢磨しながら学習を進めることができるお子さまにはおすすめできるでしょう。

家庭教師の場合は、マンツーマン指導で勉強のやり方から学習カリキュラムまで、お子さま1人1人に合った指導をしてもらえるため、英語の先取り学習におすすめです。
塾の場合は、勉強のやり方がすでに身についていたり、理解力があり、仲間と切磋琢磨できたりするお子さまにはおすすめといえるでしょう。

学生家庭教師会では、経験豊富な家庭教師が多数在籍しています。お気軽にお問い合わせください。

資料請求や無料体験学習はこちら

小学生のうちに家庭教師で中学英語を先取りして英語を得意教科にしよう!

今回は、小学生のうちに中学英語の先取り学習をおすすめする理由や中学英語の先取り学習法など、家庭教師ならではの視点でご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。
お子さまにとって無理のない先取り学習をさせたいとお考えでしたら、家庭教師での先取り学習がよいでしょう。
気になった方は、お早めに無料体験学習を受けられることをおすすめします。

タグ:, ,