高校受験、家庭教師がいいって本当?料金相場や指導方法を徹底比較!

高校受験+家庭教師イメージ画像

高校受験、家庭教師がいいって本当?料金相場や指導方法を徹底比較!

お子様が高校受験に向けた勉強を始めるにあたって、家庭教師をつけたほうがいいのか悩まれている方も多いと思います。今回は家庭教師と塾とを指導形態や料金相場の面から徹底比較し、気になるお悩みや体験談についてもお伝えします。

高校受験に家庭教師はどうなの?塾と徹底比較!

集団塾と家庭教師の比較

授業の進め方の比較

集団塾では、オリジナルのテキストやカリキュラムを用いてどの生徒にも一斉に同じ授業を行います。先生1人が大勢の生徒を相手にするため、理解できないところがあってもどんどん授業は進んでしまいます。

家庭教師では生徒1人1人に合わせたカリキュラムを組み、1人1人に合わせた指導をマンツーマンで行います。大手の進学塾であれば、受験のノウハウを持っているところが多いですが、理解の進度がそれぞれ異なる生徒への個別の対応は難しいといえます。

指導に対するフォロー体制の比較

集団塾では、大手の進学塾になるほど、成績優秀な子を基準としたカリキュラムを組んでいる傾向にあります。カリキュラムが充実していることやテキストがまとまっていること、テストの実施など良さはたくさんありますが、あくまでも授業についていくことができて、これら全てをこなすことができたときに効果は発揮されます。

家庭教師では、まず目標に向けた勉強の仕方から教えてくれます。分からない問題はマンツーマンで分かるまで指導し、指導がない日も自分で勉強ができるよう学習計画も一緒にたててくれるところが多いです。

先生とのコミュニケーションの比較

集団塾では、教師1人が教壇に立って授業を行うため、どうしても生徒1人1人に目を配ることが難しくなります。分からないところを質問しようと思ったときは、授業中に先生を呼び止めるか、授業後に質問しに行く必要があります。1人1人との会話の時間がないため、先生とのコミュニケーションがとりにくいと感じる生徒が多いでしょう。

家庭教師では、教師と生徒1対1のマンツーマン指導です。そのため、分からないところがあればすぐに質問することが出来ます。また、年齢が近かったり、性格が合っていたり、親しみやすい先生が指導につくため、コミュニケーションはとりやすいでしょう。

個別指導塾と家庭教師の比較

勉強する環境の比較

個別指導塾は、自宅から塾に通い、教師1人に対して生徒1~3人で指導を受けるというスタイルです。自宅では集中できないので塾で、なるべく少人数指導を受けたいと考えている場合はよいでしょう。しかし、例えば1対3で60分指導だった場合、生徒1人に割り当てられる時間は単純に計算すると60÷3で20分ということになります。残りの40分は基本的には問題を解いている時間と考えてよいでしょう。自分で積極的に質問したり、勉強を進められたりする子にとってはいいかもしれませんが、そうでなければ塾に自習をしに行っているようなものになってしまいかねません。

家庭教師では、完全に1対1のマンツーマン指導です。自宅に先生が来てくれるため、通塾時間も省くことができます。60分の指導時間であれば、その60分全てをお子さんだけに使うことができます。分からないところがあれば分かるまで何度も丁寧に教えてもらうことができます。

先生との関係についての比較

個別指導塾では、担任制をとっていたり、その都度指導する先生がかわったり、形態は様々ですが、基本的には自分で先生を選ぶことが出来ません。先生との相性がよければそれに越したことはありませんが、先生との相性が合わなければ、結果はなかなかでないでしょう。

家庭教師では、家庭教師派遣会社を通す場合であれば、基本的に入会前に体験授業を行ってから、お子さんに合った先生を紹介します。万が一先生との相性が合わなければ、すぐに別の先生に替えてもらうことができます。

親と先生とのコミュニケーションについての比較

個別指導塾では、お子さんが1人で塾に通うケースや、親が送り迎えをするケースがあります。必要な生徒には面談をひらいてくれる塾もありますが、親が送り迎えをする場合でも、親と先生とが顔を合わせることはあまりないでしょう。

家庭教師では、自宅に先生が来てくれるため、毎回のように顔を合わすことになります。お子さんの学習の様子を聞くこともできますし、経験豊富な先生であれば、受験を前にしたお子さんとの関わり方などもアドバイスしてくれるでしょう。

高校受験 家庭教師と塾のおすすめポイント

高校受験では特に、自宅学習をしっかりと進められるかどうかが合格のカギとなってきます。友達と切磋琢磨しながら自宅でも頑張ることのできるお子さんには塾がおすすめできるでしょう。

しかし、塾に行ったときにしか勉強をしないなど、自宅での学習習慣がついていないお子さんには断然家庭教師をおすすめします。家庭教師であれば、マンツーマンで1人1人に合った学習計画のアドバイスもしてもらうことができ、指導日以外も自宅で受験勉強を進めやすくなります。

高校受験のときだけでなく、高校に入学した後ももちろん勉強は続きます。家庭教師をお願いして、自宅での学習習慣が身についていたので高校入学後もスムーズに自宅学習ができてとてもよかったという声もたくさん耳にします。お子さんはどんなタイプかを見極めてぴったりな勉強方法をみつけましょう。

高校受験 家庭教師の料金相場VS塾の料金相場

- 月々の料金 教師の
研修制度
入会金や教材費
個別指導塾
(1対2~3)
(週1回1教科指導)
30,000円前後 あり。
強制参加の夏・冬講習も多く、追加でお金がかかる。
集団塾(大手)
(週3回1教科指導)
30,000~40,000円前後
個人契約の
家庭教師
(週1回1教科指導)
10,000~30,000円前後 × 入会金は基本なし。
教材は市販品を使うことが多い。

家庭教師派遣会社 かかる費用徹底比較

- 学生講師と
プロ講師の
料金の違い
指導用
テキスト
テキストに
かかる費用
教師の
研修制度
月謝以外
の料金
A社 プロを頼むと
料金が上がる
無し
※地域により有
プラットフォームに費がかかる ・入会金・管理費
・交通費
・プラットフォーム費
B社 完備 年間39,000円~75,000円 × ・入会金・管理費
・交通費
・テキスト代
C社 使用選択型 3,000円~ × ・入会金
・教師研修費
・交通費
・テキスト代
学生家庭教師会 学生、プロでも同じ料金 完備 0円
*いただきません
・入会金
※キャンペーン有
・交通費

一般的に科目数や週あたりの回数で比較すると、家庭教師は集団塾の2~3倍の料金がかかる傾向にあります。

また、内容やプログラムによっても料金に差が出てきます。入会金や教材費は個人契約の家庭教師でない限りかかるところがほとんどなので、気になったところがあれば、各社のホームページや資料請求、無料体験などで確認しておくことをおすすめします。

資料請求はこちら

学生家庭教師会は、月謝以外の料金を多くいただきません。適正価格で家庭教師派遣を行っています。

保護者の方へ 家庭教師を頼むときに気になる事Q&A

Q.家庭教師だけで本当に勉強は大丈夫なのですか?

家庭教師はお子さんに勉強の仕方や学習計画の立て方などもアドバイスしてくれます。そのため、指導日以外の日にも計画的に勉強する力が身につきます。また、完全マンツーマン指導のため、受験勉強をしているなかで分からないところを分かるまで丁寧に教えてもらうことができます。

Q.家庭教師は短期でもお願いできるのですか?

できます!夏休みの期間だけ・・・祖父母の家に帰省している期間だけ・・・テスト前だけ・・・など、様々な場合に対応することが可能です。ただし、人気な先生はすぐに予定が埋まってしまうため、早めに問い合わせてみたほうがよいでしょう。

Q.今通っている塾と家庭教師を併用したいのですが大丈夫ですか?

大丈夫です!実際に併用している方もいらっしゃいます。すでに通っている塾の教材を使って、塾で分からなかった問題を家庭教師の先生に教えてもらうことも可能な場合があります。ぜひ相談してみましょう。

Q.県外の高校を受験する予定なのですが、対策はしてもらえますか?

全国展開している家庭教師派遣会社であれば、他県の受験情報を取り寄せることも可能でしょう。過去問などがあればそれを使って対策してもらうこともできますので、問い合わせて確認することをおすすめします。

Q.プライバシーや個人情報が漏れる心配はありませんか?

どの派遣会社にも、個人情報漏えいのリスクはあります。しかし、一般的には大手や実績のある派遣会社ほど情報漏えいのリスクは低いといえます。いくつかの家庭教師派遣会社を比較・検討し、信頼できるところを選びましょう。

家庭教師を利用した高校受験の体験談

内気で質問が苦手だった私が、家庭教師の先生とマンツーマンで志望校合格!(18歳 女性 家庭教師を利用した期間:2年4か月)

内気で質問が苦手だった私は、分からない問題があっても学校の先生に聞くことができず、そのままにしていました。そうしているうちに中学1年生の夏には、特に英語と数学は授業についていけないことが多くなっていました。そこで私は家庭教師の先生と勉強を頑張ることに決めました。先生と自宅でのマンツーマン指導だったため、何より質問がしやすいことが私の性格には合っていました。こつこつと勉強を続け、無事に志望校に合格することができました。

受験前に悔いのない勉強ができました!(19歳 男性 家庭教師を利用した期間:8か月)

家庭教師の先生は、指導の時に質問をすると僕が分かるまで何回も何回も教えてくれたり、僕の分からないところをしっかりと理解していてくれて、とても親身になって指導してくれました。そのおかげで、定期テストでは合計150点近く点数があがりました。

僕が行きたいといった高校が僕の行けないレベルだったとしても、いけるところまであげてくれてありがとうございました。受験前に悔いのない勉強ができたことにとても感謝しています。

諦めずに頑張って志望校に合格することができました!(18歳 男性 家庭教師を利用した期間:1年8か月)

家庭教師の先生は、とにかく理解できるまで繰り返し教えてくれました。そして、勉強のことに限らず、色々な話を聞いてくれました。自宅にいる弟や妹にも優しく接してくれました。先生はいつも、諦めずに頑張ったら大丈夫と僕を励ましてくれました。前期で落ちてしまった入試でしたが、諦めずに後期も受験し、無事合格することができました。どんなに合格確率が低くても、倍率が高くても、諦めないで頑張ることが大切だと思いました。

その他の体験談はこちら

家庭教師を利用した高校受験の合格実績

学生家庭教師会では、おかげさまで毎年数多くの高校受験合格者がいらっしゃいます。

学生家庭教師会の県別合格実績は以下をご覧ください。 合格体験談なども載せていますのでそちらもぜひご覧ください。

北海道・東北地方
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県
関東地方
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県
北信越地方
長野県 新潟県 富山県 石川県
東海地方
静岡県 愛知県 三重県 岐阜県
近畿・中国・四国地方
京都府 奈良県 大阪府 滋賀県 香川県 徳島県 山口県
九州地方
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県

高校受験にはマンツーマン指導の家庭教師がおすすめ

塾と異なり、マンツーマンで分からないところを分かるまで教えてもらえるという家庭教師は、高校受験の勉強を進めるにあたっておすすめです。体験談にもあったように、とにかく親身になって繰り返し教えてもらうことができます。また家庭教師は、指導日以外の学習計画もアドバイスしてくれるため、自宅での学習習慣が身につきます。これは高校入学後も必ず役立つでしょう。家庭教師派遣会社も様々あるため、よく比較検討して選ぶようにしましょう。

以上、高校受験で家庭教師をつけるべきかどうかについてお伝えしました。

タグ:, ,